多くの税理士事務所では、毎月の顧問料とは別に年末調整、決算料を別途請求しております。
私共は、基本的に年間総額を提示し、12分割払いでお支払いして頂きます。

皆様もご存知の通り、平成の現在では、経理、税務にもパソコンが普及し、手書きの時代程、作業の負担はなくなりました。
また、決算料を別途請求する事務所は通常決算申告月に行います。
決算は申告すると納税をしなければなりません。
多額の納税資金と共に会計事務所に顧問料の6月分程度をお支払いされれば資金繰りは非常に悪化します。

そのため、私共は、毎月の顧問料に少し決算料と年末調整を上乗せして年間総額を提示して、
12分割でお支払いして頂く方法を考えました。
また、税理士に本来は依頼されたいのに料金面が引っかかってためらわれている方も多くいらっしゃいます。
そのため、私共の料金体系は資金繰りでもご理解頂けるのではないかと考えておりますがいかがでしょうか。