無理して作る必要はないのでは

これから個人として開業を考えている方向けに書いています。

例えば私の場合の屋号は泉澤秀隆税理士事務所です。
私は屋号の口座を持っていません。なぜかと申しますと個人事業につきまして、ある程度経理が分かると資金管理が大変重要になります。

基本的に屋号口座は事業のみを前提で使用されると思います。特にこだわりがないのであれば通常の個人名での作成をお勧めします。

個人名のメリットとデメリット

個人名での口座の作成でのメリットは必要書類が揃っていたら比較的簡単に作成出来る事です。

既に同じ金融機関に口座を持っている場合は別として、最寄りの金融機関であれば作成は簡単だと思います。

また、これは他の金融機関に対してはいけない事かも知れませんが、私が利用している金融機関には事業用としても使っていると正直に伝えておりますが、通常の個人口座として取り扱っていただいております。

インターネットバンキングも振り込み先によっては無料の場合があります

一方デメリットは売掛金などを振り込んでもらう際に屋号と振込口座名が違うのでお客様に???と思われる事があるかも知れません。

屋号のメリットとデメリット

屋号のメリットは、お客様に屋号の存在が明確にわかる点です。
また、女性の個人経営者などは屋号の口座を使いたい方が多く感じます。

ただし、デメリットの方が多く感じます。
会社と違って屋号を証明するものは一般には開業時税務署に提出する開業届になりますが、会社の登記簿と違い公的な第三者が作成した書類とまでは言えないと思います。そのため、金融機関によっては屋号の存在を疑問視される可能性もあります。

また、デメリットとして、インターネットバンキングが法人口座並みに手数料を取られる可能性もあります。

何よりもお客様にとって一番不便に感じる事は、金融機関によっては、振込先の口座番号だけでなく、口座名義人と振込される方が入力される名義人が一致しないと振り込みが出来ない例も見受けられます

まとめ

個人事業時代は、個人名の口座で取引し、事業が順調に進んだら会社を作りそこで会社の口座を作る事を目標に事業に専念される事がよろしいかなと一人の意見として考えます。

いかがでしょうか?